« 暖簾 復活 | トップページ | ソロモンの偽証 »

2016年7月28日 (木)

震える牛

Photo


BSE問題・食品偽装問題を扱った社会派サスペンス。

刑事が登場した物語で久々の大当たりに出会った。

登場人物は渋いし テンポはいいし 面白かった。

★★★★★

今年の21冊目 合計 32,249円

« 暖簾 復活 | トップページ | ソロモンの偽証 »

こんな本読んだよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖簾 復活 | トップページ | ソロモンの偽証 »