« 民王 | トップページ | 新 タオル »

2013年11月15日 (金)

塩の街

Photo_2

今さらながら 有川浩さんのデビュー作「塩の街」です。

「 ある日、突然 塩の塊が降ってきて

それを見ると身体が塩になって死んでしまう

しかもそれが見ることで感染する 」

作者が有川浩さんじゃなかったら絶対読まん!

いっちばん嫌いな突拍子な設定。

しかも それに超現実的な自衛隊が絡んで

全体的に 甘いラブストーリーに仕上がっていました

それでも

最後の方になると 「塩になる」 って件に何の違和感もなくなるあたりがスゴイ。

読み始めに あんなに気になった設定やのに・・・

やっぱり ええわ~ 有川浩。

独断で選ぶ 星の数は ★★★★★

今年の48冊目 合計 76,060円也

« 民王 | トップページ | 新 タオル »

こんな本読んだよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民王 | トップページ | 新 タオル »