« シェービングフォーム | トップページ | 塩の街 »

2013年11月13日 (水)

民王

Photo

現職の総理大臣と その息子(できの悪い大学生)が

入れ替わるって物語。

「半沢直樹」が あれほど流行った後

池井戸潤作品で 銀行員が登場しないのは

物足りなさを感じるんじゃないか?

って気がしたけど 大丈夫。

なんでこんなに 池井戸潤さんの本が気持ちいいかわかった!

気持ちいい啖呵をきるからや!

独断で選ぶ 星の数は ★★★★★

今年の47冊目 合計 74,380円也

« シェービングフォーム | トップページ | 塩の街 »

こんな本読んだよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シェービングフォーム | トップページ | 塩の街 »